ミネラル成分の大切さ

  1. 食道がんにおける亜鉛、セレン摂取の意義

    食道がんにおける亜鉛セレン摂取の意義

    食道は太さ約2~3cm、厚さ約4mm、長さ約25cmの筒状の臓器です。食物が通る食道の粘膜の上に出来るがんが90%を占める扁平上皮がんという食道ガンです。近年、胃の近くの食道下部で発生する腺がんが増えていて、欧米型の食事の影響と考えられています。

  2. 原因不明の貧血は亜鉛欠乏性貧血の可能性あり

    原因不明の貧血は亜鉛欠乏性貧血の可能性あり

    「貧血と診断されたら、鉄剤を取ろう」、今でも多くの人は当たり前の事として認識しています。医師も迷わず鉄剤を処方していると思います。鉄分を補うためにほうれん草や赤身の魚を食べ、野菜成分のサプリメント等を取っている方も多いと思います。

  3. 活性酸素による血管の老化と疾患への影響

    ―血管の老化≒老化-酸素は人間にとって不可欠なものですが、過剰になって、体内に残ってしまった時に、過剰な活性酸素として色々な障害を引き起こします。その一つが「血管の老化」です。血液中には赤血球、白血球等と共に善玉・悪玉コレステロールも存在しています。

  4. 亜鉛とセレンが腸の粘膜バリアーと免疫機能を守る

    人間の免疫機能の多くは腸が関係していることが明らかになっています。免疫機能が正常に働くためには、腸の粘膜細胞が正常に細胞分裂し、古い細胞に替わり、新しい細胞に切り替わる、加えて細胞と細胞を結び付けている機能が働くことが必要です。この状態があって、初めて腸内細菌が活躍できるわけです。

  5. 乳ガン・前立腺ガンに対する亜鉛、セレン投与を考えた対策

    乳ガン前立腺ガンに対する亜鉛、セレン投与を考えた対策

    近年、日本人でガンにかかる人は2人に1人であることが報告されました。又ガンが原因で亡くなる人は男性では4人に1人、女性では6人に1人であることも示されました。女性では乳ガンが一番多く、男性は前立腺がん一番多くなっています。

  6. アルコール性肝障害を防ぐ亜鉛、セレンの役割

    「アルコールの飲み過ぎ」が肝臓に悪いことは多くの方が理解され、納得されていることですが、今一度考えてみましょう。以下の疑問を持つ方も多いと存じます。

  7. 大腸ガンと亜鉛、セレンとの関連

    大腸ガンと亜鉛、セレンとの関連

    大腸は2mもある臓器で、場所によって名前がそれぞれ付けられています。ガンができやすい部位は直腸とS状結腸で、約70%をしめています。直腸は全大腸ガンの約50%が発生するほどガンができやすい場所で、次に多いのは便が長い間溜まるS状結腸です。

  8. 肺気腫における亜鉛、セレンの活用

    風邪でもないのに咳や痰が続いて発生し、息切れがするなどの症状が続く時は、肺の機能が低下している状態であり、呼吸困難を伴う事があります。この状態を医学用語でCOPD(慢性閉塞性肺疾患)①と呼びます。老若男女を問わず、多くの方がこの病気に悩まされています。

  9. アルフラットの「肝臓の線維化」抑制作用

    甦るか、肝臓!アルフラットの「肝臓の線維化」抑制作用肝臓は我慢強い臓器で、かなり悪くならないと症状が出て来ません。血液のデータも同じです。つまり、自覚症状が出ていたり、血液の肝機能を表すデータが悪くなっているということは肝臓が相当悪くなっていることを意味します。

  10. 乳児・幼児の生育と亜鉛

    乳児・幼児の生育と亜鉛

    低亜鉛母乳の影響現代日本人のお母さんの母乳に関して、遺伝子解析を通じて調査が行われました。その結果、以下の結果と心配事項が報告されました。

お問い合わせ・資料請求等

お問合せや資料請求、お見積のご依頼はこちらのフォームからお願いいたします。

著作権の取り扱い

本コンテンツを各著作権者および株式会社メディコ・コンスルの許可なく複製、公衆送信、修正・変更、商業的に利用したり、第三者のウェブサイトに掲示・転載することは、著作権の侵害とみなされますのでご遠慮下さい。

ご注意

本サイトに関する参考文献等の資料のご請求は承っておりません。
予めご了承ください。

最新情報

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る